壮さんお茶会(東京・太王四神記)

本日は壮さんのお茶会@ホテルニューオータニでした。
ゆえにおうちに着いたのがついさっきなのです・・・明日から仕事なのに・・・
今まではお茶会が土曜だったからあまり支障なかったんだけどな・・・

壮さんが来るまでにまずは1ゲーム。それは・・・・「プルキル抜き」!!
(注:今回の公演の「太王四神記」での壮さんの役名がプルキル(大長老)なのです)
まぁ、ようはババ抜きなんですけど・・・ジョーカーがプルキル様の写真なの!
それで、あとの4柄は朱雀・青龍・玄武・白虎というファンクラブ手作りのトランプ。
いや~、手がこんでますね~、SO CLUB(注:壮さんのファンクラブの名前)
で、このプルキル抜きを同じテーブルに座ってる10人ずつでやるのですが・・・
ババ抜きなんて久しぶりすぎて・・・わからなくなってる人が多数出没(笑)
私も一瞬不安になったんだけど、同じマークで捨ててる人とかもいて・・・
途中でファンクラブの人からルールの解説がちょこっとはいるほどに・・・

ゲームが終わると壮さん登場!今回は黒がベースで、赤スカーフといういでたち。プル風か?
公演についても、トークコーナー&第二のゲーム中とかにいろいろ語ってたので、
まとめて思い出せるものを書いてみます・・・(ニュアンスで感じてください・・・)

・集合日前にドラマ「太王四神記」を見て、自分がやるのはどれかな~って予想してたのが
 大長老(プルキル)だったんだって。結構ダメ出しもうけ、苦労したらしく・・・
 というか、アブルランサチーム(要は火天会)のキハやサリャンも一緒に苦しんでて
 遅くまで残ったりして、小池先生と濃密に稽古をしたらしい・・・
・火天会はかなり就職率がよいらしい!(笑)ギャラもよいとか・・・
 そのため最近はパソンが入会希望してきたらしいけど、それをこっそりタムドクに告げ口。
 タムドクいわく「今度シメなきゃ」・・・・・・結構厳しいだ、タムドク・・・
・プルキルは2000年生きてたけど、何してたの?という問いに対しては・・・
  ⇒いろいろ人生経験してたはず、ボランティアとかも・・・・・・・(イメージがぁ~~~w)
ちなみにサリャンも2000年一緒に生きているそうですが、みつるさんはその事実を
 初日の少し前に言われてどひゃーってなっていたらしい・・・
・プルキル様のおじいちゃんの仮面作りのための型とり、かなりキツかったそうな・・・
 MRIでも爆睡できたのに、型とりの時にはいろいろベチャベチャぬられる過程の中で、
 鼻の穴以外はふさがれてしまうから、すべてが闇の中・無音の状態。
 それでも頭蓋骨にだけ、そのべちゃべちゃやられているのを感じ、居心地悪すぎたみたい。
 でも、チョロのめおちゃんは、同じことをされていても爆睡してたらしい・・・
・火天会、結構キハにお金をかけているらしい・・・確かに衣装も豪華だしな・・・
 でも、巫女さんの洋服とかにもお金かけていて(だから就職が人気みたい)、
 サリャンでさえ2着あるのに、プル様は1着しか衣装がないそうです。
・そんな1着しかないプルキルの衣装ですが、壮さん&小池先生の予想以上に派手で・・・
 最初は「これでお悔やみ(セームのね)行っていいのかな・・・」状態だったそうな。
・水晶玉の時の呪文は、「地名+どこにいるのか?」みたいなことをいってるそう。
 水晶玉には嘘もつかれている(白虎の居所とかね)ので、その辺が・・・
 でも、プルキル様が一番得意なのは洗脳術らしい・・・まぁ火天会だし。
・プルキルさまがお店を出すなら、まずは「日本料理アブルランサ」一見さんお断りだって。
 で、ついでに「焼肉・火天会」も出すとか。

えっとぉ・・・他にもあった気がするけど、とりあえずこんな感じで・・・
ちなみにアブルランサ(阿佛蘭寺)の感じを説明する時に、「蘭は蘭寿の蘭で・・・」
という説明をしたので、客席がどよめく(笑) さすが同期~~~

最後のごあいさつでは、ゆーひさん&すみ花ちゃんの宙組トップ就任とかにもふれながらも
次の公演の「オグリ」について、久し振りの主演がうれしいって話をしてました。

今回は「太王四神記」ゆえに、プログラムとかも四神がモチーフで使われていて・・・
実はこのケーキもそうなんです!ニューオータニの力作!
e0018984_046798.jpg

[PR]

by ff-girl | 2009-03-02 00:46 | Takarazuka