Never Say Goodbye 大劇場

4月末に宝塚大劇場で見てきた、「Never Say Goodbye」のお話。
あらすじを読みたいかたはこちらへ♪

まず何より、メロディが本当に美しかった!
海外ミュージカルを見ている気分になりましたよ、私は。
まあ、ワイルドホーンさんが作ってるから、当たり前なのかもしれないけど……
お芝居が曲でつづられており、どの曲も場面の雰囲気にあったメロディーを奏でるために、
見ている中で自然と心が、曲にこめられてる感情と一体化していった気がしますね~

そんな素敵な歌がいーっぱいある中で特に好きなのは、やはり最後の場面。
ジョルジュとキャサリンが二人でいるシーンですよ、あそこ好き。
ネタばれするので、内容は詳しく書かないけど、歌詞が心に染み入るの………
主題歌の内容と、退団しちゃうタカコさん(宙組トップ:和央ようかさん)の退団が重なる…
お話に入り込んでいる中での涙が、どこかでタカコさんの退団への涙になってたかも。
あの歌を胸に抱いて、去っていくキャサリンの姿も切ないです……

あとは、サグラダファミリアでの占いのシーンもかなり好きです。
占い師がジョルジョを占って、その占い結果を歌いながら教えるシーン。
メロディももちろんだけど、その曲に合わせてのタカコさん&花ちゃんの演技も好きです。
歌詞的には、「オリーブの木の下に眠る」って響きが好きなのかも。

タカコさんはー、もうとにかく舞台に立っているということだけで感動!
(だって、年末に骨折して、入院していたからね)
芝居中は怪我明けだという事を感じなかった。ショー部分では動きが少ない気がしたけど。
でも、歌がね、私はタカコさんの歌が好きだから、あんな優しいメロディの
主題歌を歌っているだけでも涙がでてきたよ~
衣装はシンプルなものばかりだったけど、長身でスタイルのいいタカコさんには似合う!

ジョルジュとキャサリンの愛はけっして派手ではなくて、静かな感じ。
恋愛よりはスペイン内戦の状況の方が色濃くでているし。
でも、どこか奥深いところで燃えていて、そして永遠に続いていく………
(タイトルがNever Say Goodbyeだしね♪)

いわゆる「宝塚」というよりは、海外ミュージカルという感じなので、
ミュージカルが好きな人とかも楽しめると思いますね~
(まぁ、チケットがないんだけど…… 苦笑)
大劇場でこれを見た2日後にベルばらを見た時は、二つの舞台世界の差が面白かった
[PR]

by ff-girl | 2006-05-14 23:56 | Takarazuka