銀色の翼

この前、晴れた空を飛行機が横切っていて、その様子を見ながら
あの飛行機はどこに行くんだろう~みたいな話をしていたのですが、
ふと、「カサブランカ」の中にある「銀色の翼」という曲を思い出したのです。

生きていれば 命さえ永らえれば 必ず乗れる 銀色の翼に

私が飛行機に乗る時というのは、ある意味非現実への誘いであるわけでありますが、
亡命者からしたら新たな現実への誘いであって、ニュアンスは真逆なんですけど、
それでもあの銀色の翼を見ると、このフレーズを思い出すわけであります。
鉄の塊だとかいうよりも、「銀色の翼」っていうのがロマンチックですよね。
そして、どこかへと旅立ちたくなる・・・
[PR]

by ff-girl | 2010-05-17 00:07 | Takarazuka